会社案内

会社概要


ISO22716 認証取得
(厚木本社工場のみ)


PDFファイルを正常に閲覧、印刷するためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードして下さい。
商号 株式会社宮内
代表取締役 平 良弘
創業 昭和23年4月
資本金 1,454万円
化粧品許可番号 製  造  業: 14CZ009009、14CZ200054
製造販売業: 14C0X00086
医薬部外品許可番号 製  造  業: 14DZ006005
製造販売業: 14D0X00039
ISO22716 認証番号 3933048 (厚木本社工場のみ)
営業品目 化粧品、医薬部外品、プラスチック等
売り上げ 26億円(2017年度)
社員数 130名
取引銀行 三井住友銀行 厚木支店
その他 20年以上に渡り、「優良申告法人」として税務署より
表敬状を受領、自己資本率90%以上の安定企業。
神奈川県化粧品工業協会会員
東京化粧品工業会会員
日本化粧品工業連合会会員

▲ Page Top

施設紹介

厚木本社工場
〒243-0023
神奈川県厚木市戸田1-4
TEL : 046-220-5020
FAX : 046-229-8310
詳しくはこちら
開発センター
〒243-0021
神奈川県厚木市岡田3112
TEL : 046-239-4940
FAX : 046-239-4950
詳しくはこちら
厚木プロダクトセンター
〒243-0021
神奈川県厚木市岡田3112
TEL : 046-239-4940
FAX : 046-239-4950
詳しくはこちら

宫内化妆品(唐山)
有限公司
河北省唐山市台经济开发区东部工业园区盛世大道

郵便物送付先:
天津市芦台经济开发区东部工业园区盛世大道
TEL : +86-315-6018662
FAX : +86-315-6018663
詳しくはこちら

▲ Page Top

沿革

昭和23年 平 健吉の個人商店として東京都墨田区に発足。
化粧品専用顔料を発売。
昭和25年 葛飾区に工場移転。
昭和26年 前身である宮内化学株式会社設立。
昭和35年 川崎市高津区に移転。
同時に社名を宮内化工株式会社とする。
昭和47年 プラスチックケース、アルミ中皿を製造開始する。
昭和54年 倉庫増設。
昭和61年 基礎、小ロットに対応すべく補強。
平成 5年 研究開発、管理部を増設。
平成 8年 中国天津宮内化粧品有限公司を設立。
平成 9年 株式会社宮内に社名変更。
厚木工場開設。
平成12年 厚木第2工場開設。
平成14年 ISO9001(2000年版) 9月 認証取得。
平成15年 開発センター、厚木第2倉庫、青葉営業所開設。
川崎から厚木へ本社移転。
平成16年 中国天津宮内化粧品有限公司において
ISO9001(2000年版) 5月 認証取得。
認証番号:1200/200423859
平成17年 厚木プロダクトセンター開設。
中国天津宮内にプラスチック成型工場を開設。
平成18年 東京中小企業投資育成㈱が資本参加。
平成21年 青葉営業所を本社へ移転。
ISO9001の認証を2000年版から2008年版へ移行。
平成23年 上海展示会に出展。(5月18日-5月20日開催)
平成24年 上海展覧会に出展。(5月4日-6日開催)
香港展覧会に出展。(11月14日-16日開催)
平成25年 上海展覧会に出展。(5月20日-22日開催)
平成27年 中国天津宮内化粧品有限公司を河北省唐山市に移転させ、
宫内化妆品(唐山)有限公司として設立。
平成29年 厚木本社工場にて、ISO22716(化粧品GMP)のプライベート認証
(ビューローベリタスジャパン)を取得。
上海展覧会に出展。(5月24日-26日開催)
平成30年 厚木新本社工場完成。
高速自動仕上げラインを導入。

▲ Page Top

役員紹介

代表取締役社長 平 良弘 TAIRA YOSHIHIRO
●神奈川県出身、1953年生まれ
●趣味:テニス、ゴルフ、jazz、オーディオ、ビデオ

東京葛飾堀切生まれ、川崎育ちです。
現在は、3人の子供と妻と一緒に横浜に住んでいます。趣味は、5年前からはじめたテニスと最近はじめたゴルフです。
入社後、処方開発、システム、設計、営業と色々な仕事を経験し、現在、新規開発を仕事の中心としています。信条は、何事もあきらめない、できないことは、受け入れる。
仕事は、楽しくおこなう。いつも頭の中が、色々な事でいっぱいになっています。したがって、よく忘れ事をします。
世界一のメイクアップ工場を目指して、がんばります。
常務取締役研究開発部長
大谷 直志
 OTANI TADASHI
時が経つのは早いもので、この地での化粧品製造も20年を超えました。
まだ周りには沢山の緑が残っていますが、新工場が完成し、屋上から見渡す風景には圏央道や第2東名の
インターが見える等、随分と様変わりしてきました。
時の流れを上手く乗りこなして行くすべは未だ見つからないまま、すぐ過去になってしまう今日の使い方は年を重ねても上手くなりません。
取締役開発部長
堀内 仁
 HORIUCHI HITOSHI
実は最近知ったのですが、生まれは東京都麻布です(でした)
育ちは「東京都じゃない」と言われて久しい「町田市」に40年以上住み着いています。
趣味は写真撮影で「ネイチャーフォト」と言われる分野で「鳥」や「動物」中心に撮影、20年以上継続しています。
3年前からにジム通いをはじめ、体力低下が無いよう頑張っています。

▲ Page Top